頭脳一式

人の記憶なんて曖昧なもの。すべての情報を頭に記憶するなんてナンセンス。困ったらここに来ればいいじゃん?というスタンスで最強のナレッジベースを目指すブログ

【Linux】Tera Termの基本操作

この記事では、Tera Term等のターミナルを使ったUNIXの操作方法について解説しています。

カーソルの移動

一文字ずつ移動したい場合は以下の入力を行う。

コマンド 意味
Ctrl + b カーソルを1つ後ろに移動する。Backwardの略。
※左カーソルキーでも同じ効果。
Ctrl + f カーソルを1つ前に移動する。Forwardの略。
※右カーソルキーでも同じ効果。

行頭・行末へのカーソル移動

行頭・行末へ一気に移動したい場合は以下の入力を行う。

コマンド 意味
Ctrl + a 行頭に移動する。
Ctrl + e 行末に移動する。

単語単位のカーソル移動

単語単位で移動したい場合は、以下の入力を行う。

コマンド 意味
Alt + b 単語1つ分後ろに移動する。
Alt + f 単語1つ分前に移動する。

文字の削除

コマンド 意味
BackSpaceキーまたはCtrl + h カーソル位置の後方1文字を削除する。
DeleteキーまたはCtrl + d カーソル位置の1文字を削除する。
Ctrl + w 後ろにスペース区切りで1単語分削除する。

コピー&ペースト

コマンド 意味
Ctrl + k カーソル位置から行末までの内容を切り取る(削除する)。
Ctrl + u カーソル位置から行頭までの内容を切り取る(削除する)。
Ctrl + y 最後に切り取った(削除した)内容を貼り付ける。(ペーストする。)

bashではペーストのことをヤンクという。

キーボードに入力した文字が画面に表示されない場合

何かの拍子に、キーボードから文字を入力しても画面に表示されなくなることがある。
画面表示をロックするコマンドであるCtrl + sを押してしまうとこの現象に陥ってしまう。
解除するにはCtrl + qを押下する。

コマンド 意味
Ctrl + s 画面への表示をロックする。
Ctrl + q 画面表示のロックを解除する。

なお、ロック中も入力した内容は画面に表示されていないだけで受付られているので注意すること。

コマンドの強制終了

Linuxの一部のコマンドは、実行した後に明示的に終了操作をしない限り動き続ける仕組みになっているものがある。
このようなコマンドはプロンプトが返ってこないため、自分で終了させないといけない。
終了させるには以下のコマンドを実行する。

コマンド 意味
Ctrl + c 実行中のコマンドを強制終了させる。

このコマンドは誤入力した際に入力内容を破棄する目的でも使われる。
Ctrlキーの入力は以下のように「^」表現される。

^C

画面の表示内容をクリアする。

コマンド 意味
Ctrl + lまたはclearコマンド 画面表示内容をすべて削除し、カーソル位置を画面左上に移動させる。

入力補完機能

実はbashには、コマンド入力の手間を省く「補完機能」という仕組みが用意されている。
この機能を利用すると、コマンド名をすべて入力する必要がなくなり、最初の数文字だけ覚えておけば後は自動入力させることができる。
bashの入力補完機能を利用するには「Tabキー」を押下する。

コマンド入力の履歴

bashは、一度入力したコマンドラインの内容を自動的にコマンド履歴として記録しています。
そのため、このコマンド履歴を活用すれば、以前入力したコマンドをいちいち手で打ち直すことなく簡単にコマンドライン上に呼び出すことができます。

コマンド 意味
Ctrl + pまたは↑キー 1つ前に入力したコマンドを表示する。
Ctrl + nまたは↓キー 次のコマンドを表示する。
Ctrl + r 履歴を遡って検索する

コマンド履歴の検索

Ctrl + rを押下すると、インクリメンタル検索モードに変わる。

(reverse-i-search)`':

この状態でeを押下すると直前に入力したeから始まる内容が表示される。

(reverse-i-search)`e':env

続けてcを入力すると、ecから始まる内容が表示される。

(reverse-i-search)`ec':echo